×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

断食に挑戦

内観を知以前に、何となくいつもあるもやもや感を何とかしたいと思い断食に挑戦しようと前々から考えていました。

個人でで挑戦すると危険

断食なんて、たかが飯を食わないだけじゃないかと思いいていたら大間違えで、一歩間違えれば取り返しのつかないことになります。

確かに一日ぐらいの少々食べない程度であれば大したことはありませんが、2日以上の断食は絶対に個人ではやるべきではありませんが実は私は三日ほど断食しただけで死にそうな思いをしました。

食べ始めると止まらない恐るべき食欲には圧倒されます。
正に餓鬼そのものといった感じで、食に対するブレーキが効かなくなり食べた後に襲ってくる重圧感に気が付いた時には後悔先に立たずです。

断食施設へ

あの恐怖の体験を教訓に、やはりしっかりとした実績のある指導を受けないと最悪の結果を招くことになりますので、私は愛知県の山奥ににあるキリスト教の方々がやっている施設にお願いして断食に参加させて頂きました。

一日目

ここの施設では、完全に食を断つのではなく酵素飲料を摂取して体内の排毒を中心に、宿便を取るのが当初の目的なので、夕方には玄米がゆと一寸したおかずが出されました。

部屋は2人部屋で、私は熱心なクリスチャンの信者さんと相部屋になりましたが、私自信ははどちらかというと無宗教なので、延々と聖書を朗読されている姿には、正直違和感がありました。

その後、夜になるとミサ(なのかわかりませんが)があり、全員参加が条件なのでしぶしぶチャペル?に出かけました。

すると様々な楽器が置いてあり、まさかここで音楽会が始まるとは思ってもみなかったので、あのキリスト様をたたえる爆音音楽会にはへとへとに疲れてしまいました。

二日目

基本的には、先日と同じような食事が出されたのですが、量が少なくいよいよ本格的かなっていう感じです。

昼は特に何もすることがないので、外に出て周りをうろうろしていましたが、同室のおじさんは相変わらずどもりながら聖書を読んでいました。

そうこうするうちに夜になり、またまの爆音音楽会に行かなければならないと思うとけっこうきついので寝たふりしてやり過ごそうと思ったのですが、しっかりとお誘いを受けてチャペル?でフラフラになって一日が終わりました。

三日目

さて、今日は朝食だけで、あとは何も食べないことになります。
やはり腹が減りますが、思ったほど苦痛がありません。

今日も同室おじさんは、朝から聖書を朗読していますので、私は建物の周りをうろうろ。

夜まで、特に何もない予定でしたが、施設の方の講話があるというので集会所へ集まりお話を聞きました。

さて、とうとう夜になり例の音楽会に出かけましたが、爆音に耐えられる限界が来てしまい、断食を中止して明朝に帰る予定に変えましたと申し出ると、これからの安全な食事のとり方などを丁寧に説明して下さり自室へと帰りました。

翌朝には若い牧師さんが、私とお話をしたいと、おっしゃるので、お部屋を尋ねると、私がクリスチャンでもないのにこの施設に来てくれた勇気を讃えてくれました。

そして、別れ際には私の両手を取って、
「どうかこの方に、イエス様のご加護を」
「どうかこの方に、イエス様のご加護を」
「どうかこの方に、イエス様のご加護を」
と心底お祈りを捧げて下さいました。

そうして、私のちょっとへんてこな断食体験は幕を閉じました。

 
世界に知られた高級プロポリスの産地

商品のお問い合わせはこちら

TEL/FAX 0575-88-2979

【営業時間】8:00~19:00(営業の電話不可)
※メール・FAXは24時間対応

メールはこちら

頑固屋の原液プロポリスの特徴

プロポリスの老舗がブラジル最強の品質をお届け

プロポリスを日本に紹介


ボリビア移住を目指した先代社長が出会ったプロポリスは、当時の日本では誰も知りませんでした
これを出来るだけ多く持ち帰り、日本の健康雑誌に載せたところ大反響を得、その後テレビや雑誌にもプロポリスが取り
上げられ,第一次プロポリスブームとなり、健康雑誌で特集を組むなどして健康食品としての地位を得ました。 その後
プロポリスの品質を求めてブラジルに渡ること十数回、遂にミナスの高地で緑色の原塊のプロポリスに出会い、その
後約30年に渡り販売し多くの体験談を得ました。ところが、2017年の2月に発覚した ブラジル産鶏肉偽装事件 でプロポリス
業者も煽りを受けて廃業を強いられたため同年5月に仕入れ先を失ってしまいました。 その後、ミナスの稼働中の業者
21社からサンプルを取り寄 せ精査に精査を重ね、 遂に今までの品質を超えた10年熟成の最強の品質にたどり着きました。
頑固屋はブラジルでも多少の知名度がございましたことが幸いし、テラオグループのオーナーから安定して商品を輸入できるようご協力いただける運びとなりました
この究極のプロポリスを、皆様にどこよりもお値打ちな価格でお買い求めいただくことが出来るようになり本当に嬉しく思います
改めて、テラオグループ社長と従業員の皆様に感謝申し上げます。またここまで導いていただいた天に感謝いたします