×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

他人事でない気がして

再びご注文のお電話を頂いたあるお客様から、今度は15本のオーダーを頂いてお話をしていた時、赤ちゃんらしき声が少し聞こえました。

「いま、子供さんの声が聞こえましたが・・・?」

「はい、1歳の子供がいます」

「エエェ・・・・・・!」言葉が詰まりました。

自分にも5歳と1歳半の子供がいる身、俺に何が出来るだろうか。

更にお話を伺うと子供さんはアトピーなのだそうです。

自分自身が娘のアトピーで苦労をしたこと一つとっても十分苦労なのに、もう一つご自身が病を抱えていらっしゃるとは想像できません・

”とにかく、良くなってほしい”

プロポリスがそのお手伝いできるなら・・・

今回は、儲けなしで15本。

試された結果、調子良いそうでなんと150本トライしてみるとのこと。

この親子が、共に笑顔が戻れば最高の我が家の利益!

でも、我が家では家族でお回復をお祈りする事しかできないもどかしさです。


2013-03-25 09:02:31

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

ミツバチの世界の見え方


あの小さな体の何処に、これほどの能力が隠されているのか?

人間であれば長年の学習と経験を通じて様々な技術や能力を獲得していきますが、
人間以外の生物のほとんどは本能のみで実に複雑なことをやってのけるんです。

この疑問はミツバチがプロポリスを採取する能力一つとってみても、実に奥が深いですね。

だいたい、人間なら教えられなければどの植物に薬効があるか、どの部分を採取
すればよいのか絶対に分かるものではありませんが、ミツバチは成虫してから本能に
に従って間違いなくプロポリスを作り出せるのですから全く不思議な話です。




プロポリスを好んで集める性質を持つのはアフリカ系とヨーロッパ系の混血種で
通常キラービーと呼ばれるほど攻撃本能が強いらしいが、裏を返せばそれだけ
子孫を繁栄させようとする本能が高いのだと言えます。

あるミツバチの研究者によると、プロポリスを集める労働はかなり過酷で、


僅かなプロポリスの原料を集めるのに半日近くを要し、フラフラになって
巣に帰ってしばらく休んでから再び採取に出かけたそうです。




多くのミツバチの重労働で集めた尊いプロポリスを人間が頂くのですから、
無駄にしないよう心がけたいものです。

では、ミツバチは一体どうやって様々な植物から薬効の高いプロポリス
を集める知恵を授かったのでしょうか?

ここで小生なりの仮説を立ててみたいと思います。お断りしますが、この仮説は
全く根拠のないものですから読み流して下さい。ただの他人の戯言ですから・・・。

その仮説とは、ミツバチの世界の認識のあり方が人間と全く違うのではないか
ということです。

つまり、人間の五感に相当するセンサーが超高性能のために人には味わえない
甘美な世界を体験しているのではないか。

例えばプロポリスを集めるハチには良い成分のある植物は輝いて見えて
良いにおいがするのかも知れない。

そして、その素晴らしい物質を集めて巣に塗ることが、快感なのかも知れない。

彼らの仲間が成長していくのが快感に感ずるのかもしれない。


でも、正直なところ人間には永遠に理解できないことは確かでしょう。






2013-03-15 11:49:02

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

今を生きる

丹田呼吸を始めてから少しずつですが、意識の座が下っ腹に移りつつある感じがします。

我が家は、もうすぐ9ヶ月になる坊と4さんのオテンバ娘とカミさんの4人でにぎやかな中で
呼吸法を実習するのには、やはりかなりの時間的な制約がありますので、小生は早朝か
真夜中に30分から1時間を実習にあてています。

理想的なのは、早朝に実習出来ればいいのですが、我が家では夜8時が就寝時間なので
小生とかみさんは4時半から5時には起床するのですが、困った事にきっちり5時には坊まで
すっきり目が覚めて既に戦闘モードになっているので貴重な朝の時間が子守になっているのが
現状です。

やはり、何か一つの事を成就させようと思うならば24時間を目標に向けなければダメで、小生は
とにかく気が付いたなら丹田呼吸を心がけて何をやるるにしても丹田に意識を置いて長ーく吐く息
を心がけています。

少しづつですが、薄皮を剥がすように我が弱まっているように思える今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

2012-06-13 16:41:09

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

血液検査が曲者

つい最近、近くの病院に小児アトピー外来が出来たので、早速受診しました。

先生はものすごく懇切丁寧に治療方針やら、親のアトピーに対する理解度のチェックなど十分納得の行く問診が行われ、その中で特に患者が知らないうちに病院を変えてしま点が治療を先に延期してしまう結果になるので医者を信じて完治するまで頑張って欲しいという暖かい激励を頂ました。

先生は緊急を除き、基本的にステロイドは使わない、「消毒、保湿、最保湿」っていう治療方針で、イソジン、ヒルロイド、特性軟膏が処方され全て保険が利きましたので、娘も安心して診てもらうことが出来ました。

さて、帰ってから支持された通りに皮膚の手入れをしてやると、即効で全く痒がらず「いそべクリニック」以来の快挙というかヤッターという感じでした。

それから3日間、もうアトピーは完治したのでは?と思えるほど肌はスベスベで、初めて半そでとスカートをはかせる事が出来て本当に嬉しかったです。

もう、アトピーとはおさらば気分でいたのですが、2週間前に採決したRAST法の結果が出たので聞きに行ってみると、何と数値が高くなっておまけに米、そば、小麦、カニ、エビまで出ていたのです。 

特にカニ、エビに関しては、数値が5で完全な危険領域まで進行しているんです。

一挙に奈落の底です。

あれだけ除去食を頑張って来たのに・・・・・・・・・・

まったく情けなくて・・・・・

アトピー症状は殆ど出ていないにも拘らず更に厳しい除去が必要になりおかあちゃんも可愛そうだけど泣いたところで娘が良くなるわけがないし、わしも辛いです。

おまけに自分の商売も先月、今月ともに歴代のワースト記録で収入も激減。

 
 

2012-06-07 12:56:35

トラックバック (0)

折りたたむ

かみさんのストレスケアが大事

自分で言うのも気が引けるけど、平均的な父親より娘の面倒は良く見るほうだと思います。

だいぶん前にホープページで自分の娘を溺愛しているオヤジの日記を見つけたことがあり、あまりのデレデレぶりに正直いって「馬鹿に付ける薬はない」と軽蔑しながらも見ていたのですが、今や自分がそのオヤジ以上のばかおやじやってまして、あまり人の事をなじってはいかんと反省してます。

でも、やはり娘の母親への依存率は70%以上はあるでしょうねぇ、やっぱり本能には勝てません。

そういうわけで必然的にアトピっ子の母親は大変の苦労を背負う羽目になり、バカ政治家はお互いの蹴落とし合戦ばかりやってないで、何とか支援の制度を作って欲しいですよ。

アトピっ子の親は、朝起きてから寝るまで普通の子供の3倍以上の苦労をしてると思います。

掃除、洗濯、布団干し、料理、買い物、入浴、皮膚の手入れなど大体一日やることなすことアトピー対策ばかりになってしまう。

例えば、服を着替えるにしても裸になった瞬間から体中を猛烈にガリガリと掻き始め、手を押さえるだけで精一杯で、特に今の時期は汗をかき頻繁に下着を変えるので2人がかりでやらないと、あっというまに体中傷だらけで大変です。

何時も思うけど、アトピっ子の父親が奥さんに協力的でなかったら最悪でしょうね。

アトピっ子の世のお父さん方、もしこれを読んでドキッとした方は’’たった今から’’協力してやって下さい。

 
 

2012-06-07 12:53:47

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

食事をどうしましょう

RAST法で数値の高い食品は、当然除去しないと後々までアトピー症状を引きずり、場合によっては小児喘息を発症するかもしれないらしい。

娘は卵、牛乳、バナナ、ピーナッツ、ゴマが数値が高いので、基本的に加工品も食べさせないようにしてますが、困るのは特に卵と牛乳入りの加工品です。

大体の加工品、特に練り物にはどちらかが必ず入ってるんです。

幸い娘は母乳大好きなので今でもごくごくとよく飲んでくれて、多分カルシュウムやたんぱく質も母乳から十分とれていると思いますが・・・・

さかなや豆腐を何とかして食べさせてやりたいのですが、調理法が悪いのか直ぐに口から吐き出してしまう。

そこで、市の栄養士に相談に行ったのですが、少々食べなくても元気で顔色がよければ大丈夫ということで両親とも少々神経質すぎたかなと反省。

49年間、伊達に年ばかりとっていても子育てに関しては1年生以下なんです。

まあ、アトピーに関しても同様に、症状が出れば慌てれば良い事で「先取り」は決して娘の成長に良い方向へとは働かないことが分かりました。

「ほんの口に入れただけでも進歩ですよ」と栄養士様の言葉は響きました。

 
 

2012-06-07 12:51:24

トラックバック (0)

折りたたむ

痒みの原因はいっぱい

いやーブログも久し振りに書く事が出来ました。忙しくは無いけどサボり始めるとブログのブの字も頭からすっかり消えて無くなって・・・・。

前の記事とダブってしまいますが、最近になって痒みの原因が更に分かるようになってきました。

 

1.精神的な原因

・外で遊びたいのに行けない

・親と意志が通じない

・腹が減った

・喉が渇いた

2.身体的な原因

・汗をかいたとき

・皮膚の乾燥が酷いとき

・合わない食事を摂ったとき(パンが特にダメ)

・服の縫い目や何かが突起になって身体に常に当たっているとき

に痒みが出えることが分かり、特に年齢が上がるにつれて好奇心が旺盛に成るせいか、

モノを取り上げられたり行動を制限されたりすることが増えるにつれてイライラ回数も増え、その度にはけ口として皮膚を掻くのが習慣になってしまったようです。

その他として、特に今の季節は、蚊やアブ、ブヨウ、蜂、ムカデによる攻撃があるので気をつけて行きたいと思いますが、先日私自身が真夜中にムカデに首筋を噛まれました。

噛まれた瞬間は、蜂に刺されたと思ったのですが、ムカデとわかり布団をひっくり返してどデカイ赤ムカデを発見しやっつけました。

もし、私を乗り越えていけば隣に娘が寝ていたので噛まれたらどうなっていたかと思うとぞっとします。そういうわけで、翌日はホームセンターに行ってムカデ避けを8個買って家の周りに初雪が積もったほどまいてやりました。でも、その後4匹捕まえましたが・・・・。

そういうわけで、娘が痒がる原因は今の所60%は思い通りにならない事へのストレス解消のためガリガリやってしまうことを収穫しました。

 
 

2012-06-07 12:49:15

トラックバック (0)

折りたたむ

モクタール軟膏は重宝します

サイトを検索中にモクタールなる項目を発見し、よく調べてみると結構良いみたい。

そこで結構上位にヒットする寺町漢方薬局にコンタクトを取ってみました。

子供用は2%のモクタール軟膏を奨められました。それならということで、早速注文し翌日には手元に届きました。

50グラム入りで1890円、高いか安いかは皆目見当がつきませんが、電話で対応してくれた薬剤師が親身になってくれたので、ついでにタイツ軟膏なる保湿剤も買ってしまいましたが、これはちょっと失敗でした。

翌日に配達され直ぐに娘に使ってみると、今までの軟膏としては伸びも良くしっかり皮膚にとどまるので、期待して娘の様子を観察すると、塗ってからしばらくは痒がっていましたが、数分後には痒みが止まったようで意外に落ち着きました。

特に痒がる部分にはかなり多めにつけて、肌着がガーゼ代わりなるようにしてみると、翌日には赤みが引いてカサカサになっていたので指導されたようにタイツ軟膏を塗ってみると、かえって痒がったので別の部分にはワセリンを塗ってやると楽になるようでした。

正直、モクタールはこれは良い軟膏ですねぇ。

少々多めにつかっても一月は使えますし、量から言えば大して高いことはない。

最近、更に2%と10%のモクタール軟膏を購入し混ぜて6%のものを使ってますが、たいていの痒みはこれを薄く塗ってやれば止まる様です。

よし、これで先が見えてきた。

娘よ、一緒に頑張ろうな!!

 
 

2012-06-07 12:45:43

トラックバック (0)

折りたたむ

痒みの原因を観察することが大事

普段、娘がやたら痒がることがあるります。

最初の頃は、原因について中々思い当たる節がなかったのですが、よくくよく観察してみますと少しずつですが、必ず因果関係が分かってきます。

そうすれば、原因となるものを除去すれば良いのでアトピーと付き合う要領が見えてきます。

娘の場合パンを与えると少量でも痒くなるようで、事実ある病院ではパンを食べさせない指導をしています。これはパンのイースト菌が腸内でタンパクを合成すし悪さをするためだそうです。

次に、納豆は少量であれば大丈夫ですが、ちょっと量が過ぎると間違いなく痒がりますので

与える場合は日にちを空けて3日に一度少量を食べさせる程度です。

あとは糖分や塩分が濃いとやはり痒がるようです。

また、食べ物ばかりでなく本人が思い通りにならない事があるとかなり痒がります。いらいらするとヒスタミンが生成されるんでしょうか?・・・・知りませんがとにかくそう言う事です。

そういうわけで、我が家では昼間は出来るだけ同い年の子供と積極的に遊ばせたりして十分運動をさせています。やはり、運動不足の夜はむずがったり寝つきが良くなかったりしますので雨の日などはいかに運動不足にさせないかが課題としてあります。

また、手足が冷たいときは肌ががさがさするので、常に多少汗ばむ程度の服を着せて、プラス腹を冷やさないように腹巻をして冷たいものを与えなければけっこう肌がしっとりして大して痒がらなくなります。ただし、暑いときなどは熱中症にを気をつけなければなりませんが・・・

 
 

2012-06-07 12:40:54

トラックバック (0)

折りたたむ

そして一緒になりました

彼女と一緒に仕事を始めてから暫くは不眠や拒食症には大して改善が見られずで、病院の主治医に何か良い意見でも伺えることを期待して彼女同伴で面接に行きました。

主治医の先生は非常に無口な方で、こちらから質問をしないと何も話してくれないタイプなので、この人に診てもらっていては彼女は絶対に治らないと思い、思い切って別の先生に相談してはどうかと提案してみました。

彼女も、今の自分を変えたいという強い願望ががあったので、前向きに考えてくれたのでこれを期にインターネットで調べて有名な病院やクリニック中でも評判の良かった名古屋にある

今池クリニックに通ってみることにしました。

さて、初めてクリニックに行った時の印象は、ここの先生は実に人間味があり、彼女いわく「熊の様な顔をして、ホッとするオーラが出ていた」らしい。

このクリニックは大正解でした。

一回目の通院で顔つきが少し変わったのが分かり、良くなる序章を感じたので毎週通うことになり、その度ごとに問題の根が掘り出されるようだった。

4回目の通院で、過去への退行催眠を行いとうとう最大の根を掘り起こすことに成功しました。

その根はどんな事かというと、彼女は小さいときから人一倍泣き虫で愛情に飢えていて、

誰かに抱っこして欲しい願望が強かったそうだ。そういう状態でたまたま誰かが彼女を抱っこしてくれたとき「ooちゃんは、軽いから抱っこしやすい」と言ったらしい。この言葉が刷り込まれてしまった。

つまり、愛情を満たす=抱っこ=軽くないといけない=痩せないといけない

ということになってしまい、長い間心の根にこの観念が巣食っていて愛情を満たそうとしていたと考えたれます。

しかし、ただこれだけのことで拒食症になるとは考えられず誘引として、

1.彼女が十代のとき彼氏が白血病にかかり死別した

2.この期間に彼女自身が交通事故に遭い腰椎圧迫骨折しストレスがあった。

3.事故後、実家に帰り職を見つけ仕事をしたが、実はその時点で軽い欝を発症していた。

まだまだ、その後の要因がありますが、退行催眠で心の引っ掛かりに向き合ってからは

どんどん食べるようになり、体重も標準になり夜も良く眠れるようになった。

そこで最後の通院の日に、全ての薬を飲まなくても大丈夫だと先生から告げられて、晴れて

心身共に健康体へと生まれ変わりました。

約、6ヶ月の短期間で5年越しの心の病を克服して将来が見えてきました。

仕事の契約が切れるまであと半年程になり、今後どうするかを話しました。

自分としては、当初早く立ち直って誰か良い人と結婚でもしてくれればそれで良かったのですが、約4年の月日を一緒にやってきた仲なので、知らぬ間に夫婦の様になってしまいました。

そこで、やはりキチンとした形だけは取ったほうがよいと思い、入籍をして形ばかりの両家の

食事会を一席設けて皆に納得して頂いただきました。

実を言うと一緒になる前、彼女には自分が35歳の時におたふくかぜに罹り高熱を出したため睾丸炎にかかり子供は一生望めないことは話していました。

彼女も非常に強い薬を飲んでいたのと長年の拒食のせいで生理は無く体調も完全ではないので子供が出来るなどとは全くの想定外でしたので、子供が出来たときの嬉しさは一生忘れないと思います。

今でも良く話をすることとして、もし、今でも彼氏が生きていたら今の娘は生まれなかった。

もし、車にはねられていなければ娘は生まれなかった。

もし、精神病がなかったら娘は生まれなかった。

いや、これは二人の過去の出来事が少しでもずれたら二人の出逢いが永遠に無かったでしょう。

もし、彼女が車に跳ねられる寸前に時間が1秒ずれたら娘は生まれて来なかった。

 
 

2012-06-07 12:02:34

トラックバック (0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
 
世界に知られた高級プロポリスの産地

商品のお問い合わせはこちら

TEL/FAX 0575-88-2979

【営業時間】8:00~19:00(営業の電話不可)
※メール・FAXは24時間対応

メールはこちら

頑固屋の原液プロポリスの特徴

プロポリスの老舗がブラジル最強の品質をお届け

プロポリスを日本に紹介


ボリビア移住を目指した先代社長が出会ったプロポリスは、当時の日本では誰も知りませんでした
これを出来るだけ多く持ち帰り、日本の健康雑誌に載せたところ大反響を得、その後テレビや雑誌にもプロポリスが取り
上げられ,第一次プロポリスブームとなり、健康雑誌で特集を組むなどして健康食品としての地位を得ました。 その後
プロポリスの品質を求めてブラジルに渡ること十数回、遂にミナスの高地で緑色の原塊のプロポリスに出会い、その
後約30年に渡り販売し多くの体験談を得ました。ところが、2017年の2月に発覚した ブラジル産鶏肉偽装事件 でプロポリス
業者も煽りを受けて廃業を強いられたため同年5月に仕入れ先を失ってしまいました。 その後、ミナスの稼働中の業者
21社からサンプルを取り寄 せ精査に精査を重ね、 遂に今までの品質を超えた10年熟成の最強の品質にたどり着きました。
頑固屋はブラジルでも多少の知名度がございましたことが幸いし、テラオグループのオーナーから安定して商品を輸入できるようご協力いただける運びとなりました
この究極のプロポリスを、皆様にどこよりもお値打ちな価格でお買い求めいただくことが出来るようになり本当に嬉しく思います
改めて、テラオグループ社長と従業員の皆様に感謝申し上げます。またここまで導いていただいた天に感謝いたします